Kissとパナライカ

Canon Eos Kiss X5とPanasonic LUMIX DMC-TZ85 で撮った写真のブログです

しない、しない、6月

先週の日曜日

女の子に会ってきました 

blog.japantokyotravel.com

 

ガッツリ噛みついて

乱れきった情欲を発散してこようと思っていたのですが

会う前に彼女からラインが

 

「今から2時間後に鬼電で起こしてください」

 

「どうした?」

 

「仕事終わって今帰ってきました」

 

時間は午前10時

彼女は夜のお仕事なので

仕事が終わるのは朝方

それから先輩やお客様に誘われたら飲みに行くことが多いので

これくらいの時間になるときがあるのだそうです

 

「寝てないのなら時間遅らせようか?」

 

待ち合わせは13時

 

「いや、大丈夫です 最悪◯◯マンションの〇〇◯号室の鍵開けときますんで

電話でなかったら起こしてください」

 

年頃の女の子が無用心すぎんだろ

と思いながらも

 

結局2時間と15分ほどしてから電話

とりあえず起きてくれました

彼女の寝ぼけた声がかわいい

 

無事13時に合流

寝ている間に洗濯機をまわして

起きてから洗濯物を干してきたそう

がんばってるなぁ

 

「食欲があまりない」

 

と言っていたのですが、そこは若い子

イタリアンで私は昼食彼女は朝食

 

ですが、彼女の話にまとまりがなく

「?」

という感じでした

とても聡明な子なので

話に要領をえないということが今まで無かったので

 

戸惑いながらもホテルへ

倒れ込むようにベッドへ

動かない彼女

 

「少し眠ったら?」

 

「それじゃ10分だけ」

 

結局1時間ほど眠ってから彼女が目覚めて

 

「寝ちゃった(寝過ぎちゃった) すぐにシャワー浴びてきますね」

 

「昨日風呂入ってないんやろ?ゆっくりお湯ためて浸かっておいで」

 

と無理に一人でゆっくり入ってもらいました

 

お風呂上がり

ベッドに倒れ込む彼女

 

「もう少し眠り〜」

 

「それじゃあと少しだけ」

 

結局40分ほど寝た彼女

目を覚まして

 

「また寝ちゃった 私は大丈夫ですから(しましょう)」

 

 

「何時までに帰らなあかんの?」

 

「あと30分くらいは大丈夫です」

 

さすがに30分足らずでは

その気になってその気にさせてなんとやらっていうのもねぇ

味気ないなと思ったので

少し話をしてお別れしました

 

「ホテル代は払います」

 

彼女は気にしていましたが

かわいい寝起き姿を見れたのですから

ホテル代くらい安いもの

 

 

 

 

 

6月は1日だけして

それからはしない、しない、6月になってしまっています

 

もうこれって

ほぼほぼバージンって言ってしまっても差し支えないですよね

(当方中年男性ですが)

 

冗談はさておき

女の子を連れ回さずにそのまま家で寝かせてあげればよかったなと

後悔の1日でした

 

 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村